S & S International PPC
採用情報


特許事務所の仕事について


特許事務所の仕事とは

私たち特許事務所の仕事は、「クライアントの知的財産活動を高度な専門知識に基づいてサポートする法律系の専門職サービス業」です。

例えば「発明」は、日々の研究開発活動のなかから生まれる技術的なアイディアです。一方で「特許」は、所定の法的手続きを得てその発明に付帯する民法上の財産権であり、極めて法律的なものです。そのため、この「特許」を適正に取得するためには、発明の技術内容を理解していることに加えて、特許に関する高度な専門知識や様々なノウハウが必要になります。

そのような高度な専門知識と多くのノウハウを集積しているのが私たち特許事務所になります。

私たち特許事務所は、最新の法律を深く理解し、日々進歩する技術を勉強し、法律と技術の両方の専門家として、クライアントが価値ある知的財産権を取得できるようにそのために必要な手続きの代理などを行ないます。

 

特許に関する仕事

特許事務所の仕事のなかで大きな割合を占めるのは、やはり特許に関する仕事です。そこで特許に関する仕事を少しご紹介すると、下記のように大きく分けることができます。

(1)純国出願(内国出願)に関する仕事

国内クライアントが日本国で特許を取得する手続きをサポートする仕事です。具体的には、発明発掘の支援、日本国特許庁に対する出願書類の作成及び提出、日本国特許庁からの通知に対する応答書面の作成及び提出、並びに特許維持年金の管理などになります。

(2)内外出願に関する仕事

国内クライアントが外国で特許を取得する手続きをサポートする仕事です。具体的には、発明発掘の支援、各国特許庁に対する出願書類の作成、各国特許庁からの通知に対する応答案の作成、及びそれらに伴う外国代理人に対する指示などになります。近年のグローバル化に伴い、米国、欧州、中国に加えて、ASEAN各国やその他新興国への出願件数が増加しているだけでなく、出願パターンも多様化しています。

(3)外内出願に関する仕事

外国クライアントが日本国で特許を取得する手続きをサポートする仕事です。具体的には、外国出願または国際出願に基づく日本国特許庁に対する出願書類の作成及び提出、日本国特許庁からの通知に対する応答書面の作成及び提出、外国クライアントやその代理人との指示のやり取りなどになります。

(4)その他の法律業務

特許やその他知的財産に関する、訴訟、審判、鑑定、その他一般的な相談業務などです。模倣品などで損害を受けたクライアントや、瑕疵ある権利に基づいて警告を受けたクライアントを守ることも特許事務所の重要な仕事です。

 

特許事務所に就職することのメリット

特許事務所ならではのメリットを簡単にご紹介いたします。

(1)幅広い技術分野を経験できます。

特許事務所での仕事を通じて、特定の業界や業種にとらわれない幅広い技術分野の経験を積むことができます。これにより、いわゆる「つぶしが効く」人間として成長することができます。このため、特定業界の景気動向に左右されにくいキャリア形成を行なうことができます。

(2)グローバル化への対応力がつきます。

特許業界は、士業のなかでも最もグローバル化が進んだ業種の一つといえます。特許出願の対象国は、文字通り世界中になります。日々の業務のなかで一日の半分以上が英語を使う仕事であることも珍しくありません。外国向けの仕事を通じて、英語力の向上はもちろん、国際センスを自然と身に付けることもできます。

(3)手に職をもつことができます。

特許事務所の仕事を通じて、特許に関する高度な専門知識を得ることができます。このため、例えば出産や育児、または介護などで一時的に休職することがあっても、とても復帰しやすい業種の一つといえます。

 

最後に

特許事務所の役割を身近なものに例えると、演劇における脚本・演出家に似ていると思えます。
脚本・演出家は、原作者(発明者、クライアント)が表現したいものや様々な条件を理解し、それを舞台という特別な空間でどのように表現すべきか構成を練ります。原作の意図をより正確に伝えるために、舞台に関する知識やノウハウを駆使し、原作者とアイディアを出し合い一つの作品を作り上げます。
特許事務所の仕事はまさに同じです。自らの構成力や技術力を駆使し、クライアントの大切な発明を「価値ある権利」に変えることが私たち特許事務所の仕事になります。

 

- 採用情報 Recruit -

>事務所案内   >募集要項・エントリー
>特許事務所とは   >先輩社員の声
>弁理士試験受験生の方へ   >地方出身者の方へ
>データでみるスズエ    

 

  ▲ページ最上部に戻る
  ▲HOME